オフィス移転のスケジュール感

オフィス移転を決めてから半年程度はかかる

オフィス移転を初めて行う会社では、思ったよりスムーズに行かず、業務に支障を来してしまうこともあります。
オフィス移転に伴う手続きや内装工事、原状回復工事は意外と時間がかかることを認識しておきましょう。

まず、移転先のオフィスを選定する際には、どうしても慎重になります。
また、不動産業者との打ち合わせなどが必要になり、契約手続きを済ませるのにも時間がかかるのです。良さそうな物件を見つけてある程度目星を付けていても、2ヶ月程度は見ておくのが無難でしょう。

また、旧オフィスの原状回復工事と新オフィスの内装工事も1ヶ月から2ヶ月程度要するのが一般的です。
原状回復工事は業者に発注するだけですが、新オフィスの内装工事はオフィスレイアウトやデザインなどを決めてから行います。

通常1ヶ月程度かかるため、移転先のオフィスが決まったら、なるべく早めにレイアウトやデザインの案を作成しておきましょう。
そして、移転予定日が決まったら、ネット回線や電話回線の手続きも済ませておくことが大切です。

 

契約の重複期間を短くする

オフィスの引越をする際には、旧オフィスと新オフィスの両方が利用できる状態でなければなりません。そのため、どうしても契約の重複期間ができてしまいます。
移転スケジュールの組み方が良くないと、重複期間が長くなってしまい、その分だけ余分に賃料がかかります。
重複期間はなるべく1ヶ月で済ませるようにスケジュールを組むのが望ましいでしょう。

契約期間が重複している月に行わなければならないことは、旧オフィスの原状回復工事や新オフィスの内装工事、荷物の搬入などです。
電話回線やネット回線などは、契約手続きだけ先に済ませておいて、重複期間に工事を行うようにするといいでしょう。

また、時期によっては引越業者や工事の業者の予約が取りづらくなることがあります。

特に5月はオフィス移転が集中する時期です。お盆や年末年始の時期と重なる場合も、予約が取りづらい傾向にあります。

引越業者や工事の業者の手配は、なるべく早い時期に済ませておくのがいいでしょう。希望する時期に予約が取れないと、予定がずれ込んで契約の重複期間が長く必要になる場合があります。