ブランディングとは

企業の個性を明確にする

さまざまな企業が乱立する現代。コーヒーショップひとつとってみても、たくさんの店舗がありますから、その中で生き残っていくことは非常に大変なことといえます。

そこで、多くの企業が実践しているのが「企業ブランディング」という取り組みです。

似たような多くの企業の中から、ユーザーに選んでもらえる企業になるべく、企業の個性を明確化するのが企業ブランディングの大きな役割です。

ブランディングを行う際に、最も大切なのは「ブランドの価値」です。「地球に優しい」「オシャレ」「安い」「高品質」などなど…。

企業が最も押し出したい特徴を、しっかりと定めておく必要があります。

しかし、それだけではブランディングは成功しません。

 

ブランディングを成功させるためには

ブランディングを成功させるためには、ブランドの価値を支えたり、ユーザーに認知してもらうためにコミュニケーションやマーケティング、アクティベーションなどのマネジメントが必要になります。

たとえば、ブランディングの機軸に「オシャレ」という点を押し出していこうというのであれば、それを企業内の従業員全てに理解させるのはもちろんのこと、取引先などにも知ってもらうよう、日々取り組まなければなりません。

たとえば、どんなにオシャレな洋服を売っている企業であっても、商品を販売するショップ店員のセンスがイマイチでは、ユーザーはその企業の商品に魅力を感じないはずです。

企業が押し出そうとしている「ブランド」に対しての理解を深めるためには、企業と従業員や取引先とのしっかりとしたコミュニケーションが欠かせません。

また、企業ブランドをユーザーに広めていくためには、マーケティング活動を活発にして、広く認知度を高めていく必要もあります。

たとえば、企業ブランディングでロゴマークを新しくしたりすることがあります。

企業が新たに自社のブランドを確立しようという場合などには、ロゴマークを新しくして広告を増やしたり…といった活動も効果的です。