新宿区とはどのようなエリア?

とにかく利便性が高い新宿区エリア

新宿区の駅

東京都内で賃貸オフィスを探す場合、利便性の良い土地として人気が高いのが新宿区というエリアです。

たとえば、新宿区のメインターミナルともいえる新宿駅は、世界一乗降客数の多い駅としてギネスブックにも記録されているほどの交通の要所です。山手線をはじめ、中央本線、京王線、小田急線、東京メトロ丸の内線、都営地下鉄新宿線、大江戸線などが乗り入れており、さまざまなエリアからの利用が可能となっています。

また、新宿駅以外でも高田馬場駅や市ヶ谷駅などは複数路線の利用が可能で、都内各地へのアクセスは良好です。

新宿駅周辺にある高層ビル群の中の賃貸事務所は、人気が高いため賃料も高いですが、新宿駅から少し離れた他の駅を利用するエリアになると賃料も下がる傾向があるため、新宿区で賃貸オフィスを探しているけれど予算が…という場合には、最寄り駅が新宿駅以外の新宿区エリアの物件を探すのがオススメです。

新宿区の再開発

ちなみに、新宿区というと、一般的にはどのようなイメージがあるのでしょうか?東京都庁のような高層ビルがたくさん立ち並び、ビジネスマンが行きかうエリアというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際に新宿区エリアに足を運んでみると、確かに高層ビルが多く、ビジネスマンの姿が目立つのですが、新宿中央公園のような憩いの場も紛れているのがわかります。

賃貸オフィスばかりでなく、マンションなどの居住スペースも意外と多く、特に単身者や共働きで子供がいないDINKSの人々を中心に生活の場としての一面も持ち合わせているようです。

また、たくさんのビルが立ち並んでいる新宿の街は、もうこれ以上新たな建物などできる余地がなさそうにも思えるかもしれませんが、実際に街をあるいてみると、まだまだ工事中であったり、工事予定地としてフェンスで囲まれているような空き地を目にすることができます。

新宿駅周辺に「バスタ新宿」や「新宿ミライナタワー」が誕生したことは記憶に新しいですが、特に今後は新宿駅の西側、古くからの住宅街などもちらほら残っているエリアが再開発のターゲットとして注目されているようです。