新宿区に多い業種

エリアごとに傾向がある新宿区の業種

エリアごとの特色がある新宿区

たくさんの高層ビルが立ち並び、日中はビジネスマンが数多く行きかう新宿区。さまざまな業種の企業が賃貸オフィスや賃貸事務所を構えている人気のエリアです。

近年はリーマンショックの影響などから、賃料の高い新宿区のオフィスを引き払う企業が出たり、再開発によって建てられた新たなオフィスビルなどに、新たな企業が入居したり…と、出入りの激しい新宿区ですが、エリアごとにそれぞれ特色があります。

たとえば、新宿駅よりも落ち着いたビジネスエリアとして人気の四谷や市ヶ谷周辺。このあたりは、大使館なども立地しているためか、新宿区の他のエリアよりも静かなビジネス環境を好む業種の企業が多く賃貸オフィスを構えているようです。会計事務所や法律事務所などの個人事務所や、出版関連の企業なども多く見られます。

商業関連のオフィスが目立つエリア

新宿区の中では、比較的リーズナブルな賃料の賃貸事務所が多い高田馬場や大久保エリア。、特に大久保駅周辺はコリアンタウンということもあって、飲食店などのサービス業が目立つエリアですが、このあたりは、交通の便の良さの割に賃料が安いということから、大企業の営業所が賃貸オフィスを利用していたり、ベンチャー企業などが賃貸事務所を構えていることがあります。

そして、学生街というイメージが強い早稲田周辺はオフィスビルよりも商業ビルの需要が高くなっているエリアです。しかし、オフィスを構える企業がないというわけではなく、学生を相手とする企業、たとえば学生向けの不動産屋や書店などが店舗兼事務所を構えているケースもありますし、それ以外の業種でも賃料が安いことからさまざまな業種の企業が利用しているエリアでもあります。

また、料亭があったり風情ある独特の街並みが人気の神楽坂は、落ち着いた雰囲気を好む業種の企業には特に好まれるエリアです。意外と生活感のある街で、住宅街や商店街などもありますから、アットホームな雰囲気で仕事をしたいという小規模な企業の利用も見られます。