職務検査

いろいろな適性検査

企業の採用試験や、配属決定などの場面で、適性検査と呼ばれるペーパーテスト(あるいはWebテスト)が行われることがあります。

適性検査の種類は試験の目的によって異なり、受検者の性格やパーソナリティーを診断するものであったり、能力の特性を発見するものであったり、学力を問うものであったり…と実にさまざまです。

適性検査で代表的なものには、リクルート社が提供するSPI(SPI3)があげられますが、企業によってはSPIではなく、株式会社エージーピーのCUBICや株式会社ダイヤモンド社のDPIなどを利用するところもあります。

このような適性検査では、受検者の知能や能力、そして性格などを客観的に診断することができますが、学生時代の学力テストなどとは違い、高得点を取ればとるほど良い、というものではありません。

適性検査と職務

適性検査を使用して、企業が採用の合否や採用後の配属などを検討する場合には、企業は適性検査の結果の中から、それぞれの尺度で定められた条件と照らし合わせながら人材を選ぶことになります。

そのためにはもちろん、適性検査の結果だけでなく、面接などの内容も重視されます。

適性検査の結果で導き出される情報は実に多いですが「この人はどういう職業に向いているのか?」「どういった部署に配属すれば、力を発揮してくれるだろうか?」ということを知るためには、職務検査的な部分が強い適性検査を行うのが良いでしょう。

さきにあげた代表的な適性検査の中からいえば、DPIなどは配属や組織編制などを考える際の適性検査として使いやすい検査であるといわれています。

DPIでは、全ての業種や職種に必要とされる積極性・協調性・慎重性・責任感などについての基礎診断はもちろん、職種によって異なる活動性や持久性、思考性・自主性・自己信頼性など、仕事に対する態度なども診断することができます。

加えて、対人関係や組織への順応性なども知ることができますから、その結果をもとに受検者のタイプに応じた職務や配属先、研修などを決めていくことができるのです。