大企業のブランディング

ブランディングの役割とは

ビジネスの世界でしばしば耳にする「ブランディング」という言葉。

企業の持つイメージを明確化し、その企業の価値をユーザーに知ってもらうというのがブランディングの役割です。

企業のブランディングで見てみると、たとえばスターバックスがあります。

スターバックスは似たようなタイプのコーヒーショップと比べると、商品単価が高めです。それでも、スターバックスに行こう!と思う人は多いです。

なぜならば、スターバックスにはコーヒーの美味しさはもちろんですが、オシャレ感や高級感といった他のコーヒーチェーンにはない魅力、独自の世界観があると感じる人が多いからです。

オーダー時にコーヒーをカスタマイズできたり、季節のメニューなど新しいメニューが次々に登場するのも顧客のハートをつかむポイントです。

「スターバックスに行けば間違いない」という認識を多くのユーザーに与えていることから、スターバックスのブランディングは成功しているといえるでしょう。

 

ユーザーに認知してもらう

また、ファストファッションの代表格ともいえる「ユニクロ」も、ブランディングが成功している企業といえそうです。

なぜならば、多くの人がユニクロならば「高品質な定番品が安く手に入る」という認識を持っているからです。

ユニクロのファッションは、比較的シンプルで、普遍的なデザインのものが多いです。

大量に生産することで高品質でも安価な製品を作ることが可能となっています。

特にヒートテックなどの下着類は、品質が良く新しいものを利用したいと考えるユーザーの思いに答えてくれます。

たくさんあるお店の中から、お客さんがたった一つのコーヒーショップなり、洋服店なりを選ぶには、それなりに情報を精査する必要があります。

ブランディングがなされておらず、認知度が低いお店の場合は情報がありませんが、ブランディングが成功している企業の場合は、コーヒーが飲みたいと思ったら「スタバに行こう」ということになりやすいでしょうし、寒くなってきたからあったかい洋服が欲しいなと思ったら「ユニクロでヒートテックを買おう」ということになるかもしれません。