新宿区の賃貸オフィスの特徴

あらゆる希望にこたえられるのが魅力

高層ビルタイプのオフィス

新宿区の賃貸オフィスは、大型物件から中小規模物件まで、あらゆるジャンルの物件がそろっているのが特徴です。

新宿といえば高層ビル街を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、そのようなイメージ通りのハイグレードな高層ビルタイプの賃貸事務所も数多くそろっています。

たとえば、新宿区の高層賃貸オフィスビルの代表格に「新宿三井ビルディング」などがあります。新宿三井ビルディングは、西新宿エリアに立地する55階建ての高層オフィスビルです。竣工は1974年と古い物件になりますが、リニューアルもたびたび行われているため、現在でも人気の高い物件となっています。

高層ビルタイプのオフィスビルには、賃貸オフィスのほかにレストランやコンビニなどの店舗物件も多く入居しているため、ビル内でちょっとした用事を済ませやすいというのも魅力です。もちろん、ビルの外にもたくさんの店舗はありますから、オフィスワーカーの日常生活にとってはまたとない利便性を誇っています。

あらゆる希望にこたえられる

新宿区の賃貸オフィスというと、どうしてもこのような高層ビルタイプのオフィスが目立ちますが、中小規模の企業向けのこじんまりとした物件も数多く存在します。

SOHOにも適したマンションタイプの物件などもありますから、新宿区では大企業はもちろん、中小規模の企業にもぴったりの賃貸オフィス物件を見つけることができるでしょう。

人気の高いエリアですから、物件によっては賃料が高いところも多いですが、予算が少ない場合には新宿区内でも比較的相場の安いエリアを選ぶことで、手ごろな価格の物件を探すことも可能です。

オフィスの規模だけでなく、賃料相場なども希望に合わせた物件が見つかりやすいというのも、新宿区の賃貸オフィスの特徴といえるかもしれません。

新宿区の多くのオフィスが最寄り駅として使用する新宿駅は、世界一乗降客数が多い駅としても知られていますが、さまざまなエリアに住む従業員が集まる企業にとっても、新宿区の賃貸オフィスは利用しやすい物件であると言えるでしょう。