適性検査のメリット

採用試験と適性検査

企業の採用試験などで、適性検査と呼ばれる試験が行われることがあります。
企業によっては適性検査ではなく、単にペーパーテストと言ったり、SPIテストなどと呼ぶこともあるようです。

採用試験として行われる適性検査の多くは、人材の能力や性格、知能といったものを把握することを目的としています。

テストの内容には、国語や算数などの学力を基礎的な学力を問う問題も含まれますが、その一方で正しい答えのない性格について(積極的or消極的とか、協調性があるorないなど)も問われるような問題が含まれているのが特徴です。

人物像を把握する

採用試験の一種として、このような適性検査を行うメリットとしては、まず第一に大量の応募者がいた場合に、適性検査を行うことで、人材をふるいにかけることができるという点が挙げられます。

大量の応募者全員に面接を行うのは不可能でも、適性検査ならば全員同時に試験することができ、その中から客観的なデータに基づいて合否を判断することができます。

特に最近は適性検査の形式も、ペーパーテストだけでなくWebテストなども増えていますから、たくさんの人材をまとめて試験するというやり方も、非常にやりやすくなっているといわれています。

また、適性検査では、学力のほかに、人材の能力や性格などを知ることができます。
試験後に導き出された適性検査の結果を使えば、採用面接の際の質問などにも応用させることができますし、採用後の配属についても、ある程度の方向性を見極めることができるのです。

もちろん、適性検査は、あくまでもテストであり、必ずしもそれがその人材のすべてを正確に表しているわけではありません。

特に最近は適性検査対策としてさまざまなノウハウが知られていますから、人によっては適性検査の結果を操作するような回答の仕方も可能だからです。

したがって、適性検査の結果をすべてとして採用の合否を決めることは不可能ですが、採用試験などで客観的に人物像を把握するためのひとつのツールとしては適性検査は非常にメリットがあるといえるでしょう。